TOP Event/Session

ACA 代案が下院を通過

2017/05/05

抜粋:Seven Corners Insurance solutions Inc.

2017年5月4日に米国下院議会においてAmerican HealthCare Act (AHCA-米国医療保険法)が217-213で通過した。
抜粋は以下のとおり。

この後のプロセスとしてはこの法案が上院議会にあげられ、これを通過しトランプ大統領が署名をすれば法成立となる。それまでは現行のACA(医療保険制度改革法、通称オバマケア)が継続される。
ただこのAHCA法案は予算調整法のプロセスを経ており、ACAの完全な撤廃はこの過程ではできず、ACAの項目の中でも取り組める部分は連邦政府支出や税法など予算に関するものに限られる。

今回のAHCA Billによる影響を受けない現行のACA項目(現行のまま据え置き)
• 年間自己最大負担額上限(現行はシングル$7,150、家族$14,300)
• 最低限保険給付(保障)範囲(Essential health benefits)への生涯給付額上限や年間限度の設定の禁止
• 既往症のカバー
• 成人した子供が26歳に達するまで親の保険でカバー
• 健康状態をもとにした保険料算出の禁止

AHCAの主な項目は以下のとおり。
• 個人保険強制加入義務(Individual mandate)と雇用主共同責任(Employer mandate)の撤廃。ただし2019年より63日以上保険未加入期間がある場合は30%のLate Enrollment追加金が12ヶ月間課される。
• 連邦や州の保険取引所(Exchange)で購入した場合に所得に応じて受けられる保険料補助を撤廃し、その代わりに個人ごとに個人保険購入時に適用できる税額控除制度導入
• 州の免除条項(Waiver)。保険料削減や加入者増加を図る目的であることを証明(証言)することで各州はそれぞれある一定の最低限保険給付範囲やコミュニティーレートルール(一律レート)義務に対して免除を申請することができる。しかし保険レートが性別、年齢(年齢の高い層と低い層の差が5:1内であることを除いて)、健康状態によって設定されてはならない。
• State Stability Fund これらのWaiverをファイルした州に居住する住民が既往症や保険失効期間を有する、または個人保険購入において保険料増加した場合、これらの個人の補助の目的で使用されるファンドの設立
• HSA(Health Saving Account-医療費用貯蓄口座)の向上。 HSA上限額を少なくとも個人$6,550、家族$13,100に引き上げなど
• ACA税からの軽減。 Cadillac Tax(ぜいたく税)を2026まで延期、HSAのOver the counter (市販薬)への適用許可, FSA(Flexible Spending Account) の上限(現在$2500)撤廃など
• メディケイド(低所得者向け公的医療費補助制度)拡大の廃止。